冷感寝具で涼しく過ごす方法とは?その他のおすすめアイテムも紹介!

冷感寝具で涼しく過ごす方法とは?その他のおすすめアイテムも紹介!

日本の夏は、まさに酷暑と呼ぶにふさわしい暑さです。アフリカやオーストラリアの人が日本に来て驚くのは、日本の湿度の高い蒸し暑さなんです。夜になっても湿度が低下せず、蒸し暑くて寝苦しい夜を迎えなければなりません。蒸し暑さでなかなか寝付くことができず、翌日の仕事や学業に支障をきたしたこともあるのではないでしょうか。日本の夏は日中の暑さ対策もさることながら、夜間に眠るときの暑さ対策も必要になってきます。そこでこの記事では、冷感寝具やサーキュレーターなどのアイテムを使って涼しく過ごす方法や、実際に涼しく過ごすためにおすすめの商品をご紹介します。

手軽にできる涼しく過ごす方法5選

涼しく過ごす方法として、自分で手軽にできることから実践してみるのも大事です。健康やエコのためには、冷房を控えて生活することも大切になってきます。ここからは、簡単に手軽に涼しく過ごす方法を5つご紹介していきます。

1.服装を工夫する

まずは服装を工夫することが挙げられます。仕事用の服装が指定されていたり、クールビズを導入していなかったりする企業もありますが、その場合には冷感のものや通気性の良い肌着を着けると涼しく感じやすくなります。

2.遮熱効果のあるカーテンを使う

部屋には遮熱効果のあるカーテンをかけるようにしましょう。室内に直射日光が差し込まなくなるだけでも室内温度は2度から3度ほど涼しくなります。

3.インテリアに青を取り入れる

インテリアに青を取り入れることも有効的な方法です。人間には錯視や錯覚というものがあり、青のような冷たい印象の色を見ると脳が涼しさを感じるようになっているのです。

4.サーキュレーターで空気を入れ替える

サーキュレーターで空気を入れ替え、空気の循環を良くするのもおすすめです。サーキュレーターは冷房と併用することでより涼しさを感じられるようになり、空気が循環することで設定温度をそれほど低く設定しなくても冷房の効きが良くなるのです。

5.冷感寝具を使う

最後にご紹介するのは、冷感寝具を使うことです。冷感寝具とは、触れるとひんやりした感覚を得られる寝具です。最近ではジェルタイプのマットや、吸湿吸水性に長けたさらっとした寝心地の寝具など様々なものが販売されてます。

「冷感寝具」ってどんなもの?

冷感寝具が夏を涼しく過ごす方法として多くの人に取り入れられています。ここでは、冷感寝具はなぜ冷たく感じられるのかといったメカニズムを始めとした、冷感寝具に関する様々な疑問について解説していきます。

冷感寝具が冷たく感じるメカニズム

冷感寝具は、熱伝導性を利用した寝具です。熱伝導性の高い物質には、触れたものの温度をより温度が低い場所へと移動させる性質があります。それを利用して、体内の熱を別の場所へと移すことでひんやりと感じさせてくれるのが冷感寝具なのです。

冷感寝具の種類

冷感寝具の種類も敷きパッドやシーツ、枕やキルケットなど実に様々なものがあります。冷感寝具には、リネンやラミー、麻など豊富な素材が使われています。

冷感寝具のデメリット

夏を涼しく過ごす方法として多くの人に取り入れられている冷感寝具ですが、デメリットもあります。例えば、ナイロン生地が用いられた冷感寝具は、冷感の持続性に欠けることがあります。また、素材によっては、吸水性に欠けるため眠っているうちに蒸れやすいというものも見られます。

冷感寝具を効率よく使う方法

冷感寝具を効率よく涼しく使うには、まず素材が天然素材でできるだけ吸湿吸水性や撥水性、通気性に長けたアイテムを選ぶことが大切です。また、冷感寝具だけに依存するのではなく、サーキュレーターや扇風機、エアコンなどを活用しながら、冷感寝具を併用する形で用いると、どちらかを単体で使うよりも効率よく、より涼しく感じられるようになります。

クーラーは何度からつけるべき?

夏を涼しく過ごすための一番の味方はクーラーということになるでしょう。ボタンを押せばすぐに室内を快適な温度にしてくれる文明の利器です。さらに最近では湿度管理も一緒にできるものも販売されてます。このクーラーを何度からつけるべきか、迷っている人も少なくないでしょう。
一般的には28度になったら使うのが良いとされます。クーラーを控えることも大切ですが、無理をすると熱中症になってしまうので、暑くて不快感であったり寝苦しかったりといった時はすぐにクーラーを付けるようにしましょう。ただし、寝るときのクーラーの温度設定は、体が冷えすぎないように気をつけなければなりません。クーラーの設定温度は下げすぎず、サーキュレーターや冷感寝具を上手く組み合わせて涼しくなるように工夫しましょう。

エコに涼しく過ごすためのおすすめアイテム12選

年々地球の温暖化が深刻化し続けている今、世界的に脱炭素が掲げられてます。後世に美しい地球を残していくには、一人一人がエコでSDGsな社会を目指し実践していく必要があります。
電気代を節約し、健康に毎日を過ごすためにも、エアコンに依存した過ごし方を見つめ直して涼しさを感じられる地球にやさしいアイテムを出来る限り活用することが大事です。ここでは、エコに涼しく過ごすためのおすすめのアイテム12選をご紹介します。

エコに涼しく過ごすためのおすすめ冷感寝具3選

夏を涼しく過ごすためには、熱伝導を活用したリネンや麻などを使った冷感寝具がおすすめです。

おすすめ冷感寝具その1

おすすめ冷感寝具その1

商品名:冷感敷きパッド プレミアム S
画像:https://www.modern-deco.jp/c/bedding/pad/xgsk-s-02

まず一つ目にご紹介したいのは、こちらの冷感敷きパッドです。アイスグレーやミストブルーなど、視覚的にも涼しいカラーバリエーションで非常におすすめです。綿ならではの吸湿性に速乾加工が加わり、さらっとした肌ざわりを長く体感できます。

おすすめ冷感寝具その2

おすすめ冷感寝具その2

商品名:接触冷感Q-MAX0.5 ひんやりケット シングルサイズ
画像:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/niceday/item/603501

2つ目に紹介したいのはこのひんやり感覚のタオルケットです。Q-MAX0.5の強力な接触冷感だけでなく、ネットに入れて洗濯機で丸洗いも出来て衛生的に使うことが出来ます。

おすすめ冷感寝具その3

おすすめ冷感寝具その3

商品名:冷感 キルトケット/寝具 〔ピンク〕 140×190cm 洗える ポリエステル ナイロン 〔寝室 ベッドルーム〕[直送品]
画像:https://store.shopping.yahoo.co.jp/komekahada/ds-2411905.html

3つ目に紹介したいのが、こちらの冷感キルトケットです。軽量で使い勝手がよく、可愛らしいカラーも女性に人気のキルケットです。子どもが使うのにもおすすめで、ひとつ家にあると非常に重宝するアイテムです。

エコに涼しく過ごすためのおすすめサーキュレーター3選

エアコンの冷気は部屋の下層に滞留しがちです。寝るときなどにクーラーだけを付けていると体が冷えすぎてしまい、夏風邪をひくことも珍しくありません。そこで、空気を入れ替えたり、空気を循環させたりできるサーキュレーターがあれば、便利で快適に夏を過ごせます。

おすすめサーキュレーターその1

おすすめサーキュレーターその1

商品名:送料無料 サーキュレーター ホワイト KJ-D994W 冷暖房 冷暖房効率UP 空気循環 風 角度調節可能 換気 電気代節約 節約 節約効果 リビング 部屋 空気の入れ替え
画像:https://item.rakuten.co.jp/shopeleven/21cr909/

まず一つ目にご紹介したいのはこちらのサーキュレーターです。特殊グリルが直進性のある風を生み出し、部屋の空気をしっかり循環してくれます。角度も調整可能で、電気代の節約に大きく貢献します。

おすすめサーキュレーターその2

おすすめサーキュレーターその2

商品名:サーキュレーター 部屋 空気 入れ替え 循環 換気 夏冬 快適空間 首振り 真上 部屋干し summer sale life
画像:https://store.shopping.yahoo.co.jp/fuku-kuru/tsc-11cr-bk.html

2つ目にご紹介したいのが、こちらのサーキュレーターです。横だけでなく真上にも向けられる調節機能が搭載されているのが特徴です。自動首振り機能を使えば部屋干しの洗濯物を乾かすのにも活用できます。

おすすめサーキュレーターその3

おすすめサーキュレーターその3

商品名:メガエアサーキュレーター空気循環器サーキュレーター扇風機
画像:https://www.qoo10.jp/gmkt.inc/goods/goods.aspx?goodscode=854265903

3つ目にお紹介するのは、こちらのサーキュレーターです。高さ調整ができ、扇風機としても利用できる一石二鳥の便利グッズです。コードをしまうことが出来るため、掃除の際などの移動も楽にできます。

エコに涼しく過ごすためのおすすめ遮熱カーテン3選

夏の日差しは強烈であり、室内に直射日光が差し込むのをブロックするだけでもかなり涼しく過ごせるようになります。そのためには遮熱カーテンを使うのがおすすめです。

おすすめ遮熱カーテンその1

おすすめ遮熱カーテンその1

商品名:1級遮光カーテン 2枚組 遮光 1級 一級 北欧 洗える ウォッシャブル タッセル付き 遮熱 遮熱カーテン UVカット 韓国 おしゃれ 新生活 一人暮らし
画像:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/recommendo/item/hz-ctsh100-200

まず一つ目に紹介するのは、こちらのカラーバリエーション豊富な遮熱カーテンです。遮光等級は1級で、日差しと紫外線をしっかりカットしてくれます。ドレープも美しく、インテリアの雰囲気にも調和します。

おすすめ遮熱カーテンその2

おすすめ遮熱カーテンその2

商品名:省エネ節電カーテン 美しい織り地で魅せるヘリンボーン!完全遮光生地使用・高断熱カーテン「C,S Weaving rich」ウィービングリッチ 幅100cm×丈110・120・135・178・185・190・200・210・230cm×2枚組
画像:https://www.e-kurenai.com/fs/curtain/weavingrich-kisei

2つ目に紹介するのは、こちらの完全遮光生地を使用したカーテンです。ヘリンボーンの織り地とカラーリングから感じられる高級感は遮光カーテンの中でも随一で、クラシック系のインテリアにはうってつけです。

おすすめ遮熱カーテンその3

おすすめ遮熱カーテンその3

商品名:お急ぎ便!丈つめ無料!大人可愛いくすみカラーでお部屋ごとに色を変えて揃えたくなる!遮光ドレープカーテン
画像:https://bicklycarpet.co.jp/?pid=161637869

3つ目に紹介するのは、くすみカラーが可愛らしい遮光カーテンです。形状記憶加工が施されているため、洗う時に形が崩れる心配はありません。防音機能も付いていますので、外からの音が気になるといった場合にもおすすめです。

エコに涼しく過ごすためのおすすめ除湿機3選

日本の夏を快適に過ごすには除湿対策も欠かせません。湿度をコントロールすることでかなり涼しく眠ることが出来るでしょう。

おすすめ除湿機その1

おすすめ除湿機その1

商品名:除湿機 アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50 サーキュレーター衣類乾燥除湿機 衣類乾燥機 除湿器 デシカント式 扇風機 冷房効率アップ 暖房 送風 洗濯物 乾く 省エネ 速乾 除湿 洋服 梅雨
画像:https://item.rakuten.co.jp/u-denki/274018/

まず一つ目に紹介したいのは、アイリスオーヤマの除湿機です。デシカント式の強力な除湿機能だけでなくサーキュレーターとしての送風機能も付いており、クーラーと併用すれば涼しさは飛躍的にアップするでしょう。

おすすめ除湿機その2

おすすめ除湿機その2

商品名:[最大30畳対応] コンプレッサー式 衣類乾燥モード搭載 除湿機 除湿量 12L/日 タンク大容量 3L 部屋干し 室内干し〔79700000〕
画像:https://www.tansu-gen.jp/products/79700000

2つ目に紹介するのは、こちらのコンプレッサー式除湿機です。部屋干しにぴったりの衣類乾燥モードと風量の二段階調節機能が搭載されており、梅雨時にはぜひ導入したいアイテムです。

おすすめ除湿機その3

おすすめ除湿機その3

商品名:除湿機 ペルチェ式 除湿器 大容量 静音設計 コンパクト 湿気対策 ホワイト 白 PDP-330-W
画像:https://store.shopping.yahoo.co.jp/nyanko/7176850.html

3つ目にご紹介したいのは、このペルチェ式除湿器です。稼働音が静かで就寝時にも使いやすく、A4サイズのコンパクト設計で湿気が非常にたまりやすいクローゼットや押し入れでも使うことができます。

まとめ

日本の夏は高温で多湿であるために、夜は非常に寝苦しくなります。クーラーだけに依存して部屋を涼しくするのではなく、冷感寝具やサーキュレーター、遮光カーテンや除湿器を上手く併用して上手に快適な空間を作っていくことが大事です。電気を使わないアイテムなども活用していくことは、環境保全にも繋がっていきます。


関連記事


おすすめの記事

  1. 冷感寝具で涼しく過ごす方法とは?その他のおすすめアイテムも紹介!

    冷感寝具で涼しく過ごす方法とは?その他のおすすめアイテムも紹介!

    日本の夏は、まさに酷暑と呼ぶにふさわしい暑さです。アフリカやオーストラリアの人が日本に来て驚くのは…
  2. カテゴリー:冷感寝具

    冷感寝具とは?どれぐらい涼しく感じられるのか検証してみた

    冷感寝具と一口に言っても、かなり高い効果を感じられるものから、ほんの少し変化を実感できるという程度の…
  3. カテゴリー:梅雨対策

    梅雨の体調不良。健康に乗り切るために心がけたいポイントとは?

    梅雨になると体調不良をうったえる人が多くなります。湿気や気圧の影響により、普段よりも体の重さを感…
  4. 扇風機|リビング全体にパワフルな風を届ける人気商品3選をご紹介!

    扇風機|リビング全体にパワフルな風を届ける人気商品3選をご紹介!

    リビングを涼しく保つために必要な扇風機。クーラーを使うより電気代が節約できるためお財布にも優しい…
  5. 【エアコンなし】部屋の湿度を下げる方法4選《梅雨の対策》

    【エアコンなし】部屋の湿度を下げる方法4選《梅雨の対策》

    梅雨の時期は、湿度が高くなるため深いです。特にエアコンのない部屋は不快指数も高くなるため、暮らし…